SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
のぞえ総合心療病院内で、勤務している人達の本音? 建前?

のぞえ徒然日記

ヨット同好会 第16回ハウステンボスカップ 陸の記
0
    今年も夏の終わりのビッグイベントがやってきました。 
    我がヨット部の年に1度の晴れ舞台、”ハウステンボスカップ” ヨットレース出場の季節です。

    今年は、昨秋に神奈川県からやってきたコンテッサⅪ号が、僕らと、僕らの夢をのせて出走します。


    私達は先週の土曜日、8月29日に佐世保に入りました。前日は、ひと通り練習した後、夕方からしばし釣りを楽しみました。
      
    大したもんでしょ。40cmに届きそうなサイズのチヌです。夜は内蔵を取り除いて、焼いて食べましたよ♪

    前夜祭の様子です。明日はライバル同士ですが、今日は明日の健闘を祈って「ボン・ボヤージュ」で乾杯ビール 後はただの酔っぱらい?ですねモゴモゴ
     

    さて、実際のレースの模様は、また後日・・・ 
    乞うご期待!
    | のぞえ同好会 | 18:41 | - | - | - | - |
    ヨット同好会 3回目練習
    0
      こんにちは ヨット同好会です。 
      今日は、他の病院の著名な先生にお越しいただき、クルージングを楽しみました。練習はちゃんとしてるのか???


      ハウステンボスを遠くに望む。

      先生方が来られる前の、クルーとコーチによる、集中的な練習風景

      この3本の柱は何でしょう?

      ランチの風景です。

      今日は風がほとんどなく、思うようには進みませんでしたが、人生でもそれは同じ。風がない時でも、上手に風を捕まえられるようになりたいものです。

      P.S.
      3本の柱について調べました。
      「針尾無線塔」: 太平洋戦争開戦の暗号「ニイタカヤマ ノボレ 一二〇八」を送信した電波塔として有名。一、二号塔が高さ135メートル、三号塔が137メートル。現在の新幹線トンネルや橋梁ではあちこちで剥落が起こっているが、1922(大正11)年完成のこの塔はいまなお健在。
      | のぞえ同好会 | 16:52 | - | - | - | - |
      オール九州3時間耐久ロードレース
      0
        2009年7月21日 オール九州3時間耐久ロードレース シリーズ2に参戦してきました
        のぞえ総合心療病院自転車部8名

        午前4時に集合し一路大分県オートポリスサーキット場を目指しました。
        午前6時過ぎオートポリスに着きましたが、雲が立ち込め視界がかなり悪い状態です。そして台風を思わせるような暴風雨が襲ってきました。
        正直「これはレース無理だろう」と思いましたが、走りたい思いもあります。
        大会本部はどうにかレースを開始しますが、30分もたたないうちにレース中止となりました。
        どれくらい酷い状況だったのか...レース中あまりの風に自転車が流されるんですよ。感覚としてはフワ〜と浮く感じですね。いつもは50km/h以上で突っ込んでいく下り坂も30km/hちょっとが精一杯!倒れるんじゃないかという恐怖が襲ってくるんですよ。そしてサーキットは数箇所で川のような状態になっていました。実際に怪我人を運ぶ車がスタート早々2台動いておりました。私の前でも2台転倒しておりました。
        我がチームは一人の怪我人もでなかったことがラッキーでしたね。

        このような感じで不完全燃焼に終わったオール九州3時間耐久ロードレース シリーズ2ですが、うれしいサプライズもありましたよ。
        なんとトップクラスの競輪選手でもあり、北京オリンピック代表選手の北津留翼選手がレース参戦してありました。

        北津留選手のお父さんとは昨年のオール九州3時間耐久ロードレースでよくお話しをさせていただいておりました。テレビでも特集が組まれるほどの親子鷹ですよね。願わくば北津留選手とお父さんと一緒に走りたかったですね。
        | のぞえ同好会 | 18:42 | - | - | - | - |
        平成21年度 ヨット部始動〜その3〜
        0
          さてさて待ちに待ったランチの時間がやって参りました!

          どうですかこのボリューム!肉料理、チーズ、スープと各種が用意されていました。さすがですAマネージャーラブラブときめき
          やはりおいしい料理の回りには笑顔が絶えないものですね。院長先生、副院長先生を始めとしてクルー全員満面の笑顔です。それに加えて、必死に骨付き肉に齧り付く者、スープの蟹を噛み砕く者と豪快に食していました。
          感謝。

          ・・・ちなみに蟹の殻は噛み砕いて撒き餌として再利用ニコニコ魚が寄って来るかもしれない!?という淡い期待の中、撒き餌を続けていたのですが、現実はそう甘くないのですねポロリ

          さてそんな楽しいランチの一時を満喫したら、午後からもヨットを操り大航海です船
          午後からはジェネカを使い、更なる加速を目指します。
          海の男らしくテキパキと用意が出来ると思っていました。・・・しかしブランクというものは恐ろしいものです。それまで培っていた知識が、以前まで磨き上げられていた腕が、ガタガタに錆び付いていたようですdowndown

          結局いつもお世話になっている Iさんにご指導を受けて何とか設置完了ニコニコ
          風を受けて一気に広がったジェネカの姿にしばらく見とれてしまいました・・・


          ジェネカ、メインマスト両方で風を受け一気にヨットの速度は加速していきます。そしてその中で感じる風は普段の生活で感じている風とは全く別物でしたおはな
          太陽の下で火照った体に心地よく当たる風。。。それだけで体温が下がり、汗も優しく拭ってくれるのです。

          ジャイブ(ジェネカのサイドチェンジ)にもストイックに練習してきました。それぞれのタイミングを合わせて、一気にジェネカを逆サイドに持って行かなければいけません。途中で海上に落とすなど言語道断なのです!なかなかタイミングを合わせる事が難しく、何度も失敗しましたが、副院長先生のかけ声に併せて何度となく繰り返していた次の瞬間・・・。ついにジャイブが成功しました!! 
          クルー全員が声を上げて喜び、満足感に浸っていました。。。なんとも言えない達成感ポロリなかなか日常生活では味わえないですね

          そんな中、本日の最高速度7.8ノットを叩きだしました!

          そんな一日を過ごし、程良い疲労感と共に帰港。最後まで気を緩める事なく、後片付けも忘れません。今日の喜びを与えてくれたヨットと大海原に感謝しながら船上の掃除を行いました。やはり気持ちを込めて掃除をすると愛情が芽生えて来ますね。

          豚まだまだ内輪の中で楽しんでいる段階ではありますが、今後少しずつ精進して参りたいと思います。ハウステンボスカップでは、なんとか昨年よりも良い成績を(昨年はリタイアモゴモゴ)残せればなぁと思っているところです。このようなヨット部ですが、どうぞ長い目で見守って頂ければ幸いです。
          | のぞえ同好会 | 19:58 | - | - | - | - |
          平成21年度 ヨット部始動〜その1〜
          0
            今年もこの季節がやって来ました!

            毎年行っている、のぞえヨット部が今年度もいよいよ始動です!
            場所はハウステンボス、天候は晴れのち曇り。

            船に向う院長先生を筆頭に颯爽と船に向うクルー達


            そして船に到着し、ふと空を見上げると、、、なんと太陽を囲む虹が!


            幻想的な光景でした。本日のクルージングを前に、何か縁起の良いしるしであればと祈りを込めて、淡々とクルー達は出航の準備に取りかかります。
            船上では一瞬の気の緩みが命取り。海の怖さを忘れてはいけない。だからこそ、自分の命を守る為に舫(もやい)結び等、ロープの使い方はきっちりマスターしなければなりません。その練習をみっちりと行い、はたして万全?と言えるまでになったのでしょうか???これはおおいなる疑問です・・・ですが、クルーの先頭に立って院長先生自ら、もやい結びのタイムトライアルに参加してくださいましたラッキー


            さぁ準備も整い、期待と不安の中、それぞれの思いを乗せてヨットが出航です。

            さて今回はここまで。この後に待っている自然の厳しさ、大海原の優しさ等語り尽くせない程の話はまた次回。
            | のぞえ同好会 | 19:36 | - | - | - | - |
            のぞえフットサル試合報告
            0


              のぞえフットサル同好会は、佐賀フットサル場で開催された『かばいビギナーズ』に出場してきました。メンバーは8名にて参加してきました。
              行く途中や病院では、桜が満開となっており、気持ちよい気候で、試合には絶好の日和でした。





              久々の試合だったので、どれほどやれるか心配でした。
              しかし普段の練習が生き、チームの連携も徐々に出て来ていたので、少しずつではあるが、個人個人の動きがスムーズでした。

              予選リーグ:第一試合 2 VS 1   得点者:⑨、① 各1点
                    第二試合 2 VS 0   得点者:⑲、① 各1点
                    第三試合 1 VS 0   得点者:⑬
                    第四試合 0 VS 1   得点者:なし






              かなり得点チャンスがありしたが、決定力不足もあり、ギリギリの僅差で勝利。
              何とか予選2位通過となり、決勝トーナメント進出。


              相手は、別のリーグを1位通過したチームであり、優勝したい気持ちがありましたが、
              準決勝:第一試合 2 VS 4  得点者:⑲、③ 各1点





              最後の試合は負けてしまいましたが、今回は各メンバーでの連携や動きが良く、各試合の終了後には自分達の反省をするなど、よい感じで試合を終えることができました。
              次回の大会では優勝を狙いたいと思っています。

              投稿者:NFC
              | のぞえ同好会 | 11:41 | - | - | - | - |
              自転車部活動開始
              0


                暖かくなってきましたね。

                自転車好きにとってはシーズン到来という感じです。

                土曜日に広川ダムまで仲間と走りに行きました。

                久しぶりの走りということでちょっぴりきつかったですね。

                しかしレースも近くなってますので乗り込んでいかないといけませんね。


                写真は広川ダムです。

                道中3人の競輪選手とすれ違いました。

                いやいや私達が苦悶の表情で走っているのに対し、にこやかに会話をしながら走ってありました。

                さすが競輪選手ですね。
                | のぞえ同好会 | 11:59 | - | - | - | - |
                副院長のコンテッサ号航海日記 その5
                0
                   なにしろすごい!!関門を越え玄海に入り、姫島の近くになった頃から、3mの波、波、波。それも前から大波が来て落ちる時に左右に揺れるという、ジェットコースター以上の状況です!院長が福岡のマリノアからテンボスまで乗船使用可なんて言ってたけど、これを体験したら、ヨットなんて大嫌いになりそうですよ。





                   呼子を過ぎ、玄海原発を遠目にみながら、今回最後になるであろう航海日誌を書こうとしたら、初めて電波が届きませんでした。と、いうわけで今ようやく平戸近くになって、少―し波が収まりつつあるのでトライしてみました。北風で、寒いです。写真では、この3mの波のすごさが伝わらなくて残念!!こうして、キャビンでメールを打てる私でも、すこーし吐き気をもよおすほどです。












                       キャビンに降りるたびに転がりながらあちこち
                       ぶつけている百合子より
                  | のぞえ同好会 | 16:56 | - | - | - | - |
                  副院長のコンテッサ号航海日記 その4
                  0
                     今朝4時頃松山に着き給油。240L。ここから瀬戸内海を関門めがけて
                    朝の8時半に出港しました。



                     瀬戸内海は暖かいと思っていたら西の風で結構冷たく、おまけに上げ潮
                    (向かってくる潮の流れ)なので、今まで7−8ノット出ていたスピードが、
                    一挙に6−6.5ノットに落ちました。波も上関(かみのせき)を抜けた頃から
                    1.5−2mとなり、ばしゃばしゃ、ドンドンと突き上げてくる感じです。



                     午後からも雲が多く、夕日も雲の間に隠れながら暮れて行きました。




                     途中、呉の港から3隻の海上自衛隊の船、反対側から海上保安庁の船、
                    パナマ船籍の船、パプアニューギニアの船とすれ違いました。





                    こうした風景を送ります。

                         木の葉のように揺れるキャビンの中で、こうして日記を書き、
                         読書を楽し んでいる(?)百合子より
                    | のぞえ同好会 | 14:56 | - | - | - | - |
                    副院長のコンテッサ号航海日記 その3
                    0
                      コンテッサⅪ 航海日記

                      今日は一日鳴門(徳島)の大塚製薬の陶板美術館、迎賓館の潮騒荘(外側の塀と、室内の階段は、赤坂離宮と同じものだそうです。
                      現天皇、皇后陛下がいらした時に召し上がった食器もそのまま飾られていました)、そして130フィートある豪華クルーザー、ロイヤルオーク号めぐりをして、15時に鳴門を出港しました。淡路島から小豆島まで20マイル、7ノットで約3時間かかり、もうすっかり真っ暗です。明日は高松を少し超えたところで給油して、いよいよ九州に近付きます。
                      では、大塚美術館の陶板画、潮騒荘、ロイヤルオーク号、そして我がコンテッサXI号の写真を眺めてみてください。





                      陶板って、一度は見るものだなって関心しました。質感、色合い共にそれぞれの美術館で見たものと変わらず、かのピカソのゲルニカもあるのです。ただ、版権が高く、各美術館とは10年毎に、ピカソとは1年毎に契約を更新しているそうで、その金額たるや、想像に及びませんでした。










                      ただ、この美術館は、あの阪神淡路大震災にもびくともせず、実は要塞のように作られていて地域の人の避難場所になっているそうです。 (ひと山くり抜いて美術館が作られ、再度山を上にのせ、植林したそうで、いまではすっぽり山に覆われています。)
                      | のぞえ同好会 | 18:28 | - | - | - | - |